建築後も対応してくれるか

アフターケアの充実している業者を選ぶ

後から欠陥が見つかることもある

狭小住宅は面積の狭い土地を有効に使って建てられる住宅であるため、多少不便な点が出て来ることがあります。知恵を絞って間取りを考えても、面積が狭ければ、何もかも満足できるようにとは行かないでしょう。そして、その多くは施工前の段階で既に分かっていて、了承した上で施工を開始することが多いです。

しかし、いざ住宅の建設が完了して入居してみると、施工前には予期できなかった欠陥が見つかることもあるでしょう。そんなときには、アフターケアのサービスが役に立ちます。

アフターケアに関しては、瑕疵担保責任という形で、雨漏りや構造耐震など一定の瑕疵について10年間法律上義務づけられているのです。しかし、それ以外の欠陥に関しては、どこまでアフターケアをしてくれるのか業者によって異なります。なるべくアフターケアが充実している業者を選んだ方が安心できるでしょう。業者によっては、特に欠陥が生じていなくても、一定期間ごとに定期診断などを行ってくれるところもあります。

依頼前にアフターケアについて確認しておこう

狭小住宅を建てる際に、多くの人が間取りや予算などに関して熟考します。外観やデザインなどに凝る人もいるでしょう。

その一方で、アフターケアに関しては軽視されがちです。夢のマイホームを建てるというときであるため希望が膨らみ、欠陥が生じてしまった場合のことはあまり深く考えていなかったという人も少なくありません。

しかし、新居で快適に過ごすためにはアフターケアは必要不可欠です。

大手のハウスメーカーであれば、画一的に定期診断を行っていることが多いですが、メーカー側が原因の欠陥でないと追加料金がかかってしまうこともあります。

工務店の場合には、地域密着型を謳っているところが多いこともあり、アフターケアが充実しているイメージが強いですが、アフターケアの具体的な内容に関して契約前にしっかりと確認しておきましょう。どんな内容のアフターケアなら追加料金がかかるのか、どこまで対応してもらえるのかを把握し、業者を決める際にはアフターケアの内容も含めて検討することが大切です。