地域密着型か

地域密着型の業者を選ぼう

地域密着型のメリット

狭小住宅を建てる際に、地域密着型の業者を選ぶか全国展開している業者がいいのか迷うでしょう。

比較的土地が広い場合には、全国展開している業者の方が合っているケースも多いですが、狭小住宅のように狭い土地を上手く工夫して建てる場合には、地域密着型の業者がおすすめです。

規模の大きな業者だと、規格がある程度決まっているため、土地の面積が狭いと柔軟に対応できないケースも見られます。

地域密着型の業者であれば、柔軟に対応してもらえるため狭小住宅に合っていると言えるでしょう。その地域の風土や特徴などをよく理解していることなども、地域密着型の業者のメリットのうちの1つです。その地域の気候に合った素材や間取りを提案してくれます。業者によっては、周囲の交通状況なども考慮してアドバイスしてくれることもあります。

そして、地域密着型なら地元での評判もよく分かるため、信頼出来る業者も探しやすいです。優良な業者であれば、地元の人の多くが利用しています。

工務店は地域密着型のところが多い

地域密着型の業者に絞って探す場合、工務店が候補に上がるかと思います。工務店は、比較的規模が小さく、地元で活躍しているところが多いです。

最初の相談やプランニングから施工まで工務店に任せることができます。アフターケアも充実しているところが多いです。

町の工務店の多くは、規模の大きな業者と違って、下請け会社などを利用せず、自社内で最初から最後まで請け負ってくれます。そのため、大手の業者の規格ではなかなかないような間取りにも対応できるのです。狭小住宅を建設する費用も大手の業者よりも安く済むことが多いです。

ただ、工務店という名前が付いていても、必ずしも地域密着型の業者だとは限りません。工務店の中には比較的規模の大きな業者や、フランチャイズに加盟していて、大手の業者と同じようなサービスを提供しているところもあります。リーズナブルな費用で融通の利きやすい業者を選びたいのであれば、工務店かハウスメーカーかで決めるのではなく、実態を見て判断することが大切です。