業者の選び方

業者の選び方

どの業者を選べばいいのか

大きく分けて3種類

狭小住宅を建てようと検討している場合、業者の選び方で迷うでしょう。あまり良くない業者を選んでしまい失敗してしまう例もあるためです。良い業者を選べば、それだけ満足できる住宅に仕上げてくれます。

狭小住宅建設を依頼する業者は大きく分けて3種類あります。1つはハウスメーカーです。全国的に知名度も高く、多数の住宅を建設して来た実績があるため、安心感が強いでしょう。最初からハウスメーカーに絞って業者選びをする人も少なくありません。

他に工務店に依頼する人も多いです。工務店はハウスメーカーのように規模は大きくありませんが、相談などをする際には親身になって対応してくれます。全国的な知名度はあまり高くなくても、地域では高い知名度を誇る工務店も少なくありません。

3つ目の選択肢は設計事務所です。設計に特化している業者であるため、デザインにこだわって狭小住宅を建てたいと考えている人が設計事務所に依頼することが多い傾向にあります。

 

どれも一長一短ある

ハウスメーカーと工務店、設計事務所の3つを比べてみると、一概にどれが良くてどれがだめだということは言えません。それぞれ一長一短あります。

ハウスメーカーであれば、会社としての規模が大きいため、ある程度の規格が最初から決まっています。オリジナリティーを出したいという思いが強い人にはあまり合わないかも知れません。逆に、あらかじめ決まっている規格がしっくり来るようであれば、ハウスメーカーに決めるのがいいでしょう。

工務店の場合には、地域密着型のところが多いです。自由度も高く、その地域の気候などもしっかりと考慮してくれます。狭小住宅の施工費用もハウスメーカーよりも安く済むところが多いです。ただ、工務店の中には、フランチャイズに加盟していて、実質ハウスメーカーと変わらないところもあります。

デザインへのこだわりが強い人は設計事務所を選ぶことが多く、オリジナリティーを出したい人にピッタリです。ただ、費用が高く時間も長くかかります。施工は別会社に依頼することになることも考慮しなければなりません。