神奈川の住宅

神奈川の土地価格について把握しておこう

これから神奈川県に家を建てようと思ったら、まずは土地価格の相場について把握しておくと良いでしょう。
東京の会社に勤めていて今は賃貸マンションなどの仮の住まいだけど、近い将来に家を建てたいと思ったら、土地価格の高い東京都よりは神奈川県内に家を構えてはいかがでしょうか。

勤務先の会社が東京にある場合、川崎市や横浜市など、東京から近い場所に家を建てる人も増えているようです。
神奈川県の地価公示価格の平均値について、各都道府県別に見ると全国で3位にランクインされています。

神奈川県で地価がもっとも高額なのは横浜市西区となっていますが、県内でもっとも地価が低いのは清川村です。

横浜市西区の坪単価の平均額は約362万円ですが、清川村では約14万円ですから、かなりの差があります。

横浜市西区の土地価格は年々上昇しているのが特徴的で、近年もっとも地価の上昇率が低くなっているのが三浦市です。

横浜市内は西区・中区・中原区・神奈川区・幸区などどの場所も土地価格が高くなっていますが、茅ヶ崎市や藤沢市、伊勢原市は他の市区と比較すると土地価格が安い傾向にあります。

 

神奈川の土地価格を調べる方法

近い将来に神奈川県内に事務所や家を建てようと考えているなら、土地価格の相場についてどのようにリサーチすれば良いでしょうか。
最寄りの不動産店に直接出向いて窓口で尋ねる方法もありますが、本来、土地というものは生き物であり、常に価格相場が変動しています。

ですから、その都度、不動産店に駆け込むよりも、パソコンやスマホのインターネットで検索すると良いでしょう。神奈川県内のどの場所に事務所や家を構えるのか、迷うことがあれば、神奈川県の地価相場について掲載されたウエブサイトを参照すれば、細心の情報が掲載されていて、24時間いつでも閲覧することができます。

中にはすでに事務所や一戸建て住宅を神奈川県内に所有していて、なんらかの事情で売りたいと考える人もいます。

そんな時にも不動産業氏やのウエブサイトや土地価格の相場について掲載されたウエブサイトを活用すると良いですね。